資料の紹介

 工場や製造現場での事故やトラブルは、設定や操作ミス、危険エリアへの立ち入りなど、生産設備や機械の周辺で発生することが多い。少子高齢化や労働人口の減少により熟練技術者が減る中で、機械操作の習熟レベルのばらつきが大きくなり、操作ミスなどの危険性は高まる一方だ。

 こうした課題に対応するためには、ミスの芽を根本からなくす仕組みを作ることが必要だ。そのため製造現場には、工程や人ごとに役割分担や責任範囲を厳格に定め、機械や設備を動かす権限のない人が機械を動かせないようにしたり、立ち入る権限のない場所に入ろうとしても鍵が開かないようにしたりするなどの対策が求められる。こうした仕組みを「権限管理」と言う。

 本資料では、製造現場に権限管理の仕組みを手軽に構築・導入できる方法について解説する。社員証などのIDカードに個人の情報を記録し、RFIDリーダーを工場内の機械や設備に組み込んで、認証と権限管理の仕組みを整備する。RFIDリーダーは、スイッチや表示灯などのユニットを取り付ける要領で組み込める。さらに本資料では、FA業界での、このRFIDソリューションの導入事例も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。