資料の紹介

 コロナ禍により、以前にも増して安定的なITインフラ運用の重要性が高まっている。出社制限などにより、システム担当者はより少ないリソースであらゆる事態に対応せざるを得ない状況に陥る可能性があるからだ。こうした負荷を下げるため、昨今、運用マネージドサービスが注目されている。

 運用マネージドサービスとは、ユーザーのインフラやシステムの監視・運用・保守を外部のプロフェッショナルにワンストップで任せるサービスだ。“餅は餅屋”ならではのサポートにより、運用負荷の軽減、問題解決の迅速化、サービス品質の継続的改善を実現する。

 本資料では、仮想化基盤のシンプル化を機に運用マネージドサービスを導入したNTTデータCCSの事例を紹介する。NTTデータCCSの担当者は言う。「データバックアップに不調が発生した際には、機器やソフトなどを横断的に分析して原因を特定できた。個別のベンダーに頼っていたらとても対応できなかった」。運用管理の負荷を軽減し、より付加価値の高い業務に注力したいと考えているシステム担当者は、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。