資料の紹介

 「Excel」は様々なデータを項目別に整理し管理できるツールとして、多くの企業で活用されてきた。一方、当初の担当者が作成したマクロ機能のブラックボックス化、管理データ量増大によるファイル肥大化、データ入力を人手に頼ることによるミスの発生など、課題も多くなってきている。

 こうした課題の解決策として、他のツールに乗り換える方法がある。しかし、もしExcelを継続利用し、既存のデータも生かしながら解決できる方法があれば、時間的にも費用的にも効率的な業務改善が可能となる。

 本資料では、脱Excelではなく、Excelを使い続けながら、様々な課題を解決し、さらに大幅な生産性向上も可能にする手法を紹介する。社内の全Excel業務とその課題を洗い出し、それぞれの業務課題を深堀りすることで、適切な解決策を見つけるという、3ステップで進める手法である。さらにExcel業務効率化を支援するクラウドベースのサービスや、それを使った5つの活用事例も紹介するほか、導入運用に向けた無料ウェビナー情報も入手可能となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。