資料の紹介

 パンデミックの長期化に伴い、テレワークを導入する企業は拡大傾向にある。その一方で、テレワーク環境におけるセキュリティ対策は従業員任せになってしまっている企業も少なくない。その隙(すき)を突くように、テレワーク端末を狙ったサイバー攻撃が増え、情報漏洩のリスクも高まっている。

 だが、テレワーク下で安全かつ快適な作業環境を実現するには、ただツールを導入するだけでは不十分だ。システム環境の見直し/強化や社内ルールの整備など、情報漏洩を防ぐ仕組みを作ることが重要になってくる。

 本資料では、テレワーク下でのセキュリティ対策について、「ルール」「技術」「人」に関わる8つのチェックポイントを挙げ、それぞれについて、パスワードの強化や、OSアップデート対策など、改善のためのアクションを具体的に示す。さらに、従業員2万7000人の企業でテレワークのセキュリティ強化に携わった担当者へのインタビューも収録している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。