資料の紹介

 現在、企業のセキュリティ対策は大きな転換点を迎えている。一つはパターンマッチングによるアンチウイルスの限界である。パターンマッチングでは検出できないマルウエアや「ゼロデイ」と呼ばれる未知の脆弱性を突く攻撃の増加により、パターンマッチングだけでサイバー攻撃を阻止することは困難になっているのだ。

 もう一つは、コロナ禍によるテレワークの拡大で、保護された社内ネットワークの外でパソコンやタブレット、スマートフォンなどの多様な端末が利用されるようになったことである。そこで登場したのが、すべてのアクセスを信用せずに検証する「ゼロトラスト」の考え方と、それに基づいた端末(エンドポイント)のセキュリティ対策だ。

 本資料では、エンドポイントセキュリティ製品を選定する際に知っておきたいポイントを解説する。具体的には、最新の「EDR」「EPP」「MDR」「次世代アンチウイルス(NGAV)」を取り上げ、製品の特徴と製品を検討する際にチェックすべき項目を解説している。従来型のセキュリティ対策に不安があるセキュリティ担当者は、ぜひ目を通してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。