資料の紹介

 従来のセキュリティ対策は、社内と社外の境界を保護し、社内ネットワークを安全に保つ「境界型セキュリティ」だった。しかしコロナ禍でテレワークが広がり、従業員が社外で端末を使うのが当たり前になった今、境界型セキュリティは事実上、意味をなさなくなった。代わりに登場したのが「ゼロトラストセキュリティ」だ。

 これはユーザーもデバイスも信用せず、トランザクションごとに認証することでセキュリティを担保するアプローチである。ただしゼロトラストは、一つの製品を導入すれば終わりというものではない。複数の製品、テクノロジーを組み合わせる必要がある。中でも重要なのが、オンプレミス/クラウドを含めてシステム全体を可視化し、何が起きているかをリアルタイムで監視・分析する仕組みだ。さらに、運用管理やインシデント対応の自動化も欠かせない。

 本資料は、ゼロトラストセキュリティの導入方法を一から解説したガイドである。基本的な考え方から必要になる技術、運用にいたるまで、ゼロトラストの全体像を把握できる内容となっている。境界型セキュリティに頼っている企業のセキュリティ担当者は、ぜひ参考にしていただきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。