資料の紹介

 エンターテインメントやコミュニケーション、トレーニング、マーケティング、監視など、様々な分野でビデオをはじめとする多様な形式のデジタル映像が活用されている。今後、デジタル映像を活用する企業はさらに増え、映像自体も高精細化・大容量化が進むだろう。

 そこで重要になるのが、大量のデータを蓄積し、スムーズにストリーミング配信するシステムだ。ただし、そのためにはプロセッサー、ストレージ、メモリーなどのコンピュータリソースが大量に必要になる。逆に言うと、より少ないコンピュータリソースで大規模かつ高性能なストリーミング配信を実現できれば、競争力を高められる。

 本資料は、高スループット・低遅延の独自ファイルシステムを用いたストレージソリューションと、一般的なストレージソリューションでベンチマークテストを実施し、結果をまとめたリポートである。結果を見ると、価格性能比は一般的なシステムの2.5倍で、57%少ないストレージノードでより高い性能を達成できたという。映像ストリーミングに興味のある企業の担当者は、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。