資料の紹介

 2021年4月、日本政府は温暖化ガスを2030年までに46%削減すると発表した。これを実現するためには、現在の化石燃料に頼った発電から脱却し、再生可能エネルギーの利活用を進める必要がある。既に様々な企業が再生エネルギーの活用を表明しており、さらに2021年5月に成立した地球温暖化対策推進法の一部改正によって、今後は公共部門でも太陽光発電の導入検討が進む予定だ。

 しかし、太陽光発電所を建設するのに適切な土地は限られている。そこで注目されているのが、屋根の上や遊休地を活用する、自家発電を対象とした太陽光発電だ。具体的には、工場やショッピングセンターの屋根、駐車場などが挙げられる。これらの場所では、どのような太陽光パネルを選ぶべきか。また、導入にあたって、どのようなことに留意すべきか。

 本資料では、自家発電のための太陽電池モジュール製品について、用途に合わせた選び方のポイントを解説する、耐久性や出力保証について具体的な数値を挙げながら説明している。さらに、信頼性や耐久性に優れ、2020年末時点で100以上の国と地域に出荷され、日本最大のメガソーラーにも採用されている太陽電池モジュール製品も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。