資料の紹介

 IoTの進展、人工知能(AI)など新技術の登場などに伴い、製造業においてもオートメーション化、データ化、コンピュータ化の動きが加速している。生産の合理化、自動化、省力化をもたらすと期待されるが、それを実現するためにはロボティクスの活用が不可欠だ。

 今後必要になるのは、決まった作業を繰り返すだけの大型の機械ではない。変化する消費者ニーズに合わせて簡単にカスタマイズできる産業用ロボットが必要だ。小ロットの作業にも正確に対応できる柔軟性を備えた自律型ロボットを、コストを抑えながら効率良く開発することが課題になる。

 本資料では、シミュレーションとテストソリューションを用いて、産業機械メーカーが効率的にロボットを開発できる手法について解説する。テストソリューションを使用することで、リアルタイムに測定しながら許容範囲をオーバーしている部品を特定したり、さらにシミュレーションツールも使って荷重条件を変えながら何通りもの設計コンセプトを評価したりすることができるようになる。試作機を作製する前に制御ロジックを検証することも可能だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。