資料の紹介

 コロナ禍でのテレワーク実現のため、多くの企業がVPNを増強した結果、VPNの回線帯域逼迫やパフォーマンスの低下が問題になった。このため、Microsoft 365などの特定のクラウドサービスにVPNを経由せず直接アクセスすることで、この問題を回避する企業が増えた。

 ところが、ここで新たな問題が起きた。VPNを経由しないため、これまでゲートウエイが担っていたマルウエア検知やフィルタリングなどのセキュリティ対策ができなくなったのだ。そこで登場したのが、クラウドでセキュリティ機能を提供する「クラウドSWG(Secure Web Gateway)」である。ただ、クラウドSWGでも私用端末からのアクセスまでは防ぐことが難しい。

 テレワークによって露呈したセキュリティ低下の混乱の中、注目されているのがガートナーの提唱した「SASE(Secure Access Service Edge)」である。これは、ネットワーク機能とセキュリティ機能をサービスとして統合し、集中管理する仕組みだ。本資料では、リスクの可視化と制御に優れ、SASEの実現にも貢献できる最新のクラウドSWGサービスを解説する。SASE環境を実現する第一歩として、ぜひ注目してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。