資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の企業がリモートワークへの移行を余儀なくされた。職場環境が大きく変化したことで、働く人のメンタルヘルスへの懸念が高まっている。例えばオフィスでの同僚やチームメンバーとのコミュニケーションが無くなり、孤独を感じる従業員が増えている。また、自宅が仕事空間となることで、仕事のストレスが家庭生活に影響を与えているとする社員が85%に上るとの調査もある。

 こうした状況下、多くの従業員が企業からのメンタルヘルスサポートを必要としている。企業も、これまで提供してきたカウンセラーやセラピストによる対面型サポートをオンラインに切り替えるなどの対応を進めている。しかし、従業員からはさらなるサポートを求める声も上がっている。

 本資料では、従業員に優れたメンタルヘルスサポートを提供し、快適な職場環境を構築するための3つのポイントを紹介する。鍵となるのが、ツールの活用やコミュニティーの育成、それらを生かしたキャリア開発などだ。企業の人事部門が独自に対策を行う必要はないという。資料では、米Netflixや米PepsiCoなど世界の様々な企業が進める取り組みの一端も紹介してる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。