資料の紹介

 コロナ禍をきっかけに急増したリモートワーク。その解決策として需要が高まったのが、仮想デスクトップ(VDI)だ。クライアント端末からサーバーにアクセスして初めて作業できるこの仕組みは、クライアント端末に依存するFATクライアントに比べ、セキュリティ面では優位と言える。だが最善策としては課題も残る。

 課題の1つが、導入時に多額の投資が必要となるコスト。もう1つがパフォーマンスだ。操作性が通信環境に依存するほか、そもそもオフラインでは使えないため場所によっては必要な業務が行えない。そこで、セキュリティなどVDIのメリットそのままに課題を解消する手段の1つに「セキュアFAT」という考え方が有力な候補となってきた。既存の業務用PC(FAT PC)に、情報漏洩を防ぐ仕組みを実装するというものだ。

 本資料では、ポストVDIとしての「セキュアFAT PC」とそれを実現する最適なソリューションを提案する。端末を新たに購入せずに済むうえ、通信環境に起因するパフォーマンス低下や業務上の不便さなどを回避できるメリットもある。併せて、企業の導入事例からセキュアFAT PCがどのような効果をもたらすかも紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。