資料の紹介

 Webサイトの脆弱性を狙ったサイバー攻撃が近年急増している。例えばEC(電子商取引)サイトではユーザーが個人情報を直接入力することもあるが、こうしたWebシステムがサイバー攻撃を受けると、深刻な影響が発生する。Webサイトの改ざんや個人情報漏洩から、ブランドイメージの失墜まで、様々な損害を被ることになる。

 こうした不正アクセスや情報漏洩を事前に防ぐ方法として、WAF(Web Application Firewall)によるセキュリティ強化が挙げられる。WAFは文字通りWebアプリケーションの前面に設置されるファイアウオールであり、攻撃がWebサイトやWebアプリケーションに届く前に撃退することが可能になる。

 本資料では、最小限の費用で導入でき、運用・保守もセキュリティベンダーに任せられるクラウド型WAFについて紹介する。WAFを使ったセキュリティ対策の仕組みや、WAF導入によるメリットに加えて、クラウド型WAFを導入する際に必要な情報も得ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。