資料の紹介

 湿度センサーは、エアコンや冷蔵庫などの家電から自動車や航空機まで、様々な製品に搭載され、適切な湿度を保つための管理を担う。湿度が下がると、気道粘膜の防御機能が低下し、ウイルス感染の危険性が高まるとする研究結果もある。湿度管理は、生活空間の快適さを保つためだけでなく、心身の健康を維持するためにも重要となる。

 湿度と温度を管理すれば、結露の発生を予測して窓の曇りなどを防ぐこともできる。例えば自動車の窓が曇ると、運転者や各種カメラ、制御機器類の視界が遮られ、安全性が損なわれる。そこで、自動車内には湿度センサーが搭載されている。自動車では他にも、エネルギー消費が大きいコンプレッサーの稼働最適化や、排ガスの低減など、様々な用途に向けて湿度センサーが活用されている。

 本資料では、20年以上にわたり世界の自動車メーカーに様々なセンサーを納めてきたメーカーが、自動車向け湿度センサーを中心に、その製品ラインアップや特徴、用途などを紹介する。独自の技術で優れた出力精度と高い応答性を実現し、燃料電池やエンジンにも採用されている。CO2排出量削減に向けた施策についても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。