資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に必要な人材が多くの企業で不足している。そこで必要なのが、非エンジニアをDX推進者として育てる取り組み。そのためのキーとなるのが、コードを書かない、あるいは最小限のコードと設定だけでアプリケーションを開発できるノーコード・ローコードツールである。

 例えば星野リゾートでは、ノーコードを駆使して会計システムや経営リポートが可能なBIツールによる仕組み作りを成功させ、業務部門だけによるデジタル化を推進している。フロントエンドの業務アプリケーション開発ツールはすでに知られたものが多数あるが、DX推進に向けては、クラウド上のデータの有効活用が肝。ユーザーから見えないバックエンドのノーコード・ローコードツールの活用が重要になってくる。

 本資料は、ノーコード・ローコード開発できるデータ連携ツールについて詳しく解説したものだ。RPA(Robotic Process Automation)ツール、IPaaS(Integration Platform as a Service)、データ連携ツールを比較し、その特徴と有効性を明らかにする。ノーコード・ローコードツールを検討している企業には最適な資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。