資料の紹介

 デジタル変革が進む今日、競争力を高めたい企業は、新たなサービスやアプリケーションを短期間で開発し稼働させる必要に迫られる。そこで一層注目されているのが、ソフトウエアのライフサイクル全体を通じて、開発チームと運用チームがコラボレーションしながら業務にあたる「DevOps」だ。

 他方、新たなサービスやアプリケーションを稼働させる際につきものなのが、セキュリティのリスクである。セキュリティチームはこれらのリスクへの対策を講じる必要があるが、セキュリティの強化がビジネスのスピードや生産性の向上を妨げるような事態は避けねばならない。

 本資料では、DevOpsにセキュリティを円滑に組み込むために知っておきたい原則やプラクティスについて、セキュリティの専門家が解説する。最新のセキュリティツールや原則、プラクティスの採用により、セキュリティチームはDevOpsの取り組みの中で新たな役割を担えるようになり、組織全体でセキュリティを保護する体制を確立できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。