資料の紹介

 かつてアプリケーション開発は、数年単位の大規模プロジェクトだった。しかし、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる現在、その開発手法は大きく変わってきた。市場や顧客の変化に迅速に対応するため、短期間で開発し、変化に合わせて更新し続けることが求められているのだ。そこで重要になるのがアプリ開発の内製化である。

 ただし、現実には「言うは易く行うは難し」だ。開発者を大量に採用しても先進的な開発手法の学習や技術検証ばかり繰り返す“PoC(Proof of Concept)地獄”や、複数部門が似たようなアプリを開発する事態に陥っている企業は少なくない。この問題を解決するには、アプリ開発プロセスの見直しが不可欠だ。特に、アジャイルやDevOpsといった開発チームと運用チームが緊密に連携する方法論がポイントになる。

 本資料では、アプリ開発の内製化のカギを握る「テストプロセスの自動化」について詳しく解説する。それにより、開発者の業務負荷を軽減し、開発そのものに注力できるようになるという。アジャイル、DevOpsの重要性は分かっていても、その実現方法に悩んでいる企業はぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。