資料の紹介

 デジタル技術を活用して、コスト削減やリスク低減を行うと同時に、革新的な製品開発を可能にすることで収益を増やすデジタルトランスフォーメーション(DX)。これを成功させるためには、既存のプロセスをデジタル化するだけではなく、企業の持つデータをどのように活用するかが鍵となる。

 企業内には膨大な量のデータが存在する。それらのデータを効率的に分析し、価値ある情報としてまとめるためには、人工知能(AI)や機械学習(ML)の導入が不可欠となる。また、信頼できるデータを集めるためには、データを取り扱う専門家だけでなく、企業側が常に関与する仕組みを構築することが重要だ。

 本資料では、AIやMLを迅速に導入し、データ活用とそのための業務体制構築を全社規模で進めた米国企業の取り組みについて紹介する。データサイエンティストに任せきりにせず、従業員が各自でデータにアクセスして活用できるセルフサービス型データプログラムを導入することで、実績を挙げているという。データサイエンティストから企業内の従業員まで、誰もがアクセス可能なプラットフォームについても解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。