資料の紹介

 データ基盤に求められる役割は、「データが作成された瞬間からデータを動かし、意思決定者が必要とするときにいつでもデータを理解しやすい形で利用できるようにする」ことである。しかし、最近になってこの役割を果たすことが急激に難しくなっている。

 従来の基幹系システムのデータに加えて、クラウドアプリやソーシャルメディアなど、様々なチャネルからのデータが急増しており、構造化されていないものも多い。従来のデータウエアハウスでは、コストの面でも、パフォーマンスの面でも対応が難しく、データの取得/分析戦略を根本的に見直す必要がでてきた。

 本資料では、組織がデータ主導型で意思決定をするために、最新のデータ環境についてITリーダーが理解しておきたい3つの新常識を紹介する。ビッグデータ分析やクラウドデータの統合、セルフサービス型データ分析を組織が効果的に導入するためには、新たな発想でのIT戦略立案が求められる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。