資料の紹介

 世界規模で感染が拡大した新型コロナウイルス感染症の影響により、IT企業や大企業を中心に在宅勤務/テレワークが一気に広まった。しかし、その影響が想定外に長期化した今、次々に新たな問題が表面化。急ごしらえのテレワーク環境や従来型のセキュリティ対策などの見直しは、喫緊の課題になっている。

 例えば、業務用の端末が自宅などで長期間使われるようになったことで、状況は大きく変わった。端末へのパッチ適用やアプリケーションの更新が滞り脆弱性が放置される、無許可のクラウドサービスを勝手に使ったために情報漏洩やウイルス侵入を招く、といった新たなセキュリティリスクが浮上している。そんな中、利便性と安全性を両立する手段として注目されているのが「デジタルワークスペース」だ。

 本資料ではIDC Japanのアナリストが調査データを引用しながら、新しい働き方を模索する企業の現状を分析。ゼロトラストへの関心の高まりと、今後エンドユーザーコンピューティングが目指すべき姿を描く。あわせて、デジタルワークスペースの実現を支援するサービスの具体例と活用状況にも言及する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。