資料の紹介

 高度運転支援システム(ADAS)やインフォテインメントシステムなど、自動車分野でも高速大容量の情報処理が必要となり、車載Ethernetの導入が進んでいる。車載Ethernetでは、従来のEthernet規格を基に、車載環境で必要な信頼性の確保と配線ケーブルの簡素化・軽量化を可能にする新規格を用意している。

 自動車や様々な車載製品に車載Ethernetを搭載する際には、これらの規格に準拠したコンプライアンス試験の実施が必須となる。また、こうした試験は基本的に単体で行われるため、部品同士をケーブルで接続した際に通信異常が発生しないかデバッグする環境も必要となる。

 本資料では、これら車載Ethernet規格に準拠するコンプライアンス試験およびデバッグの方法を紹介する。小型で軽量、どこでも簡単に全ての車載ネットワーク規格の試験やデバッグを実施できるという。資料では、自動生成される試験結果報告の例なども掲載されており、具体的な試験内容も確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。