資料の紹介

 「空調が止まって冷暖房が効かない」「トイレの水が流れない」「電気がつかない」といった設備のトラブル。オフィスでも工場でも店舗でも適切に管理された場所ならめったに遭遇しないが、それは事前に設備修繕計画を立てて故障前に交換をしているからである。設備の安定稼働のためには、修繕計画の策定と修繕の実行が欠かせない。こうした重要な修繕に関する情報を、紙やExcelで管理している企業は今も多い。

 紙やExcelによる管理では修繕計画の見直しに手間取るため、十分な見直しが行われず、非効率な計画が立てられたり現場任せで属人的な管理になったりしがちだ。適切な修繕計画ができているか、監視が困難になるリスクが生じやすい。そうならないためには、どうすれば良いか。

 本資料では、設備修繕計画を最適化するためのクラウドサービスについて解説する。設備管理を電子化しクラウド上で一元管理することで、同じ設備台帳や修繕計画を遠隔で共有できる。本社で修繕計画を管理するマネージャーが、各地の拠点の担当者が作成した計画をチェックできるようになる。システム化・標準化により、担当者が代わった時の引き継ぎも容易になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。