資料の紹介

 多様化し増大する顧客ニーズに対応し、市場投入のリードタイムを短縮するために、企業は従来よりも革新的で信頼性の高いアプリケーションの開発を急いでいる。そうした取り組みに欠かせないがクラウドだ。俊敏性を高め、総所有コスト(TCO)を削減するなど、イノベーションの加速につながる多くのメリットが期待できるからだ。

 しかし、クラウドへ移行する過程で多くの企業が、「互換性のないインフラにどう対応するか」「どうやって、密に相互依存するアプリケーション群を中断なく移行させるか」といった課題に直面する。クラウド移行を成功させるには、こうした課題をあらかじめ把握し、綿密な計画を立てる必要がある。

 本資料では、クラウド移行の必要性や移行にあたっての課題を示したうえで、これらの多くを解決する手段として、「ハイブリッドクラウドインフラ」を提案し、その特徴やメリットを紹介する。複数の環境を横断して一貫した運用を実現することが、企業のポリシーを確実に効率的に守るカギになるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。