資料の紹介

 自社データセンターのインフラに、ストレージ仮想化ソフトウエアをベースにしたHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)を導入する企業が増えている。従来のアーキテクチャーでは、増加する仮想マシンや高いI/O性能にストレージが柔軟に対応するのは難しく、パフォーマンスの低下や運用負荷の増大、拡張時に発生するコストが大きな課題になる。

 実際に導入した企業は、「構築期間が短縮したことで、十分なテスト期間が得られた」、「ハイブリッドクラウドの推進の一助として、HCIを中核としたプライベートクラウド基盤へと進化させることができた」、「管理負荷が大幅に軽減され、非常に安定的に運用できるようになった」という。

 本資料では、JR西日本、りそなホールディングス、コニカミノルタ、日本製薬のHCI導入事例を紹介する。導入前後での比較や、享受できるメリットの具体例は、将来の変化も見据えたインフラ計画を立てるのに役立つはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。