資料の紹介

 近年、金融システムをはじめとして社会的に「止まっては困る」システムの障害が多く報道されている。こうした事態を避けるため、企業や組織にはより一層の対策が求められるが、闇雲に障害対策を実施しても、かけたコストの割に効果が出ないといったことになりかねない。

 障害対策を検討する場合、かけられる費用とシステムが止まった際の影響とのバランスを考える必要がある。99.99%の稼働率を実現するためには、インフラ障害とアプリケーション障害に備えてHA(高可用性)クラスターソフトを使ったシステム構成をとることが、有効な選択肢の一つになる。

 本資料では、高度な障害対策が必要な場合の高可用性の実現方法や、どのようなシステムを選択すればよいかの判断ポイントについて、マンガで解説する。HAクラスタソフトには、オープンソースのものや、OSの機能として提供されているもの、より使いやすくした商用製品などがあり、自社の目的や技術レベルに合ったものを選ぶことが肝要だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。