資料の紹介

 「サーバーレス」とは、サーバー(仮想マシン)を使わずにシステムを構築するアーキテクチャーのこと。パブリッククラウドのサービスとして提供され、サーバーを意識することなくシステムやアプリケーションを開発できることから、その活用が急速に広がっている。

 企業にとってのサーバーレスのメリットは、サーバーに関わる作業から解放され、新しいシステムやアプリケーションを迅速に開発し、市場に投入できることだ。それは企業の競争力を強化することに直結する。さらに、従量課金による柔軟なコスト負担になることや、運用管理にかかる人的コストを低減することができるため、コストメリットも大きい。

 本資料では、サーバーレスの仕組みやメリット、活用事例を解説する。事例としては、数十万件の物流拠点からの請求を一括処理するシステムを開発したLIXIL、有料での映像配信とグッズ販売が一体化したサービスを開発した北海道テレビなどを紹介。「サーバーレスとは何か」という基本から、具体的な活用事例までを網羅した内容となっている。サーバーの運用管理の負担に悩んでいる企業は、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。