資料の紹介

 オンプレミスで構築した環境をクラウド環境に移行したいと考えている企業にとって、「サーバーの更新時期」は移行に動くきっかけの1つとなるだろう。更新時にまず検討するのは、既存システムを入れ替えて継続利用するのか、新しい基盤を構築するのか、ということだ。

 新しい基盤に移行する場合、統合パッケージよりも、必要な機能を選択できるシステムの方が導入しやすい。例えば財務会計や人事、給与などのシステムは多くの場合、売掛金管理、経費精算、勤怠管理といった他のシステムと連携させるからだ。また、段階的な機能強化を図りやすいのもポイントである。

 本資料は、オンプレからクラウド環境へ移行した英会話スクールの事例を紹介する。同社はもともと国産の統合パッケージをオンプレで運用し、独自の業務フローのためのカスタマイズを施していた。このカスタマイズが、一部フローのブラックボックス化や、システムの柔軟性を阻害する一因になっていたという。新たに採用したパッケージの標準機能を最大限に利用し、カスタマイズなしにどのように課題を解決してクラウド化を進めたのか、参考にしていただきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。