資料の紹介

 商材の需要を的確に予測して在庫量を適正化できれば、廃棄ロスや欠品を防ぐことができる。そのために、AI(人工知能)を活用しようとする動きが高まりつつある。ただし、現段階でのAIは予測精度を高める補佐役であり万能ではない。この点を見誤り、PoC(概念実証)で期待した成果が得られずに計画が頓挫するケースが後を絶たない。

 PoCレベルであっても、一般的にAIベンダーへの外注費用は1サイクル数カ月で数百万円かかると言われる。内製はさらに難しく、経験豊富なエンジニアの採用・育成には多くの時間とコストを要する。こうした課題を乗り越えてスモールスタートで実証を繰り返すには、プログラミングや統計学の知識を持たない現場担当者が容易に利用できるAIツールが必要だ。

 本資料では、製造・流通・小売業向けにノーコードでAIモデルが作成可能なツールを紹介する。自動機械学習機能を備え、用意したデータを学習させることで高精度な需要予測AIを構築できるという。AIの作成手順や活用事例も紹介しており、そのステップは単純明快だ。これにより、現場の担当者が短期間・低コストで最適なAIモデルを作成し、需要予測AIの活用を推進できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。