資料の紹介

 半導体不足や地政学的な変化、さらにSDGsのような世界的なトレンドの影響により、必要な資材や部品を調達する購買・調達部門の重要性が改めて認識されている。リスクの分散はもちろん、いかにして高品質な資材を低コストかつ安定的に調達するか、腕の見せどころとなっている。

 ただし、購買・調達部門が経営層から評価されづらいのは確か。その理由は、購買・調達部門の努力が会社全体の利益にどの程度貢献しているかが見えづらいからだ。しかし、その重要性と利益への貢献度は、営業や企画開発部門に引けを取らない。むしろ、購買・調達部門による原価率の削減の方が、利益への貢献度は大きいとさえ言える。

 本資料では、中小製造業の購買・調達部門が経営層から評価されるための具体的な取り組みを解説する。経営層にとっては、利益を生み出せる組織に購買・調達部門を変革するガイドだ。購買・調達部門による利益貢献についても具体的な数値を示している。グローバル調達やグリーン調達、調達におけるBCP(事業継続計画)が話題となる中、購買・調達部門の担当者はもちろん、企業の経営層にもぜひ目を通してもらいたい資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。