資料の紹介

 自動車や電子機器をはじめ、ものづくりの様々な現場で使われる構造用接着剤。従来のリベットやネジなどの機械接合から置き換わり得る接合方法として、用途が広がっている。構造用接着剤を導入することで、従来の接合方法では難しかった製品設計も可能になる。

 さて、構造用接着剤について「保持力がない」「強い接着力だけがメリット」「性能はどの製品も同じ」などと聞いて、特に疑問を感じることなく納得していないだろうか。誤解や思い込みが基で、構造用接着剤を使わないのはもったいない。

 本資料は、構造用接着剤についてよく聞かれる5つの指摘を取り上げ、それらに対して具体的な数字を交えて解説、反論している。例えば保持力については、溶接に匹敵する接着力を示すデータと、長時間の保持を実証した評価結果を紹介している。また、構造用接着剤のメリットは接着力だけでなく、生産性の改善にも有効であり、作業時間が半減した事例もあるという。自分の認識は合っているか、思い込みはないか、確認してみよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。