資料の紹介

 企業には構造化されていないデータがたくさんあり、それらを保管する量も増え続けている。これは同時に、セキュリティリスクが高まることを意味する。中でもアクセス管理は大きな課題になる。データの内容と量、保管場所、使用するユーザーを、完全にコントロールできている企業の方が少ないのが実態ではないだろうか。

 あるアンケートでは、99%の企業が「非構造化データへのアクセスに関する管理に課題がある」と報告している。原因として、手動での設定作業や、アクセス権を正しく管理するスキルの不足などが考えられる。保管場所をクラウドにすると、さらに高い管理能力が求められる。こうした課題は、適切なツールの活用で解決できる可能性がある。

 本資料は、非構造化データの管理とガバナンスに関するトレンドを把握するために実施された、アンケート結果の概説である。非構造化データを直接的に管理する340人から得た回答には、「76%がデータ侵害を経験した」「27%が産業スパイの被害に遭った」など、衝撃的な数字が並ぶ。これらのデータから、傾向やリスクを把握し、改善に役立ててほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。