資料の紹介

 製造業はデジタルトランスフォーメーション(DX)の最前線にある。ある調査によると、IoT(モノのインターネット)デバイスの12%以上が、工場と産業の自動化向けに使用されている。2025年までに、IoTデバイス市場の18%を超える規模まで増加するとの予測もある。

 製造業は、それほどまでに新技術を推進する役割を果たしている一方で、メーカー間や組織内でのソリューションの利用方法に一貫性があまりない。それ故、サイバー犯罪の標的にもなりやすい。サプライチェーンやロジスティクスなどが複雑にからみ合い、取引企業とデータの連携を行うことも珍しくない。そのため、対策が不十分な企業の影響を受けてしまうことがある。

 本資料は、「インダストリー4.0」に象徴される、スマート工場を中心としたエコシステム構築にアイデンティティー管理が必要な理由をまとめた調査報告である。どのユーザーが、どの情報を、どのように利用できるのかという、アイデンティティー管理はセキュリティ戦略の基本であり、製造業にとっても不可欠な要素だ。アイデンティティー管理ソリューションの活用により、セキュリティレベルだけでなく作業効率や生産性の向上や、ITコストの削減も実現できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。