資料の紹介

 コロナ禍で、企業におけるテレワーク導入は一気に進んだ。労働生産性の向上を見込めるとして、コロナ禍前にはオフィスなどで働いていた従業員の一部を、恒久的にテレワークにシフトさせる企業も現れている。しかし、テレワークにも、利用者が一部に限られている、長時間労働削減の取り組みが不十分、といった課題がある。

 テレワークの課題を解消するには、従業員の働き方を可視化し、「何がうまくいっていて、何がうまくいっていないのか」を把握して、改善策の立案と実行につなげる必要がある。しかし、働き方を把握するためのデータを取得して分析する手段がなく、改善サイクルを回せずにいる企業も多い。

 本資料では、表計算やメール、オンラインストレージなどのビジネスツールをクラウドで提供するサービスと、クラウド型のデータ分析ツールを連携させて、従業員の働き方を可視化する方法を紹介する。リモートワークの活用率、位置情報の分析、部門別の活用状況、ツール別の使いこなし状況などを可視化するダッシュボードの作り方も解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。