資料の紹介

 Webアプリケーションに対する脅威は日々増え続けている。アプリケーションの脆弱性をきっかけとした情報漏洩や、ボットによる不正アクセスについては、もはや日常茶飯事のように頻繁に耳にするようになっている。だが、そうした事件が自社で起こってしまった場合のインパクトは計り知れない。

 Webの脅威への対策は「いたちごっこ」の側面もあり、対応に苦慮するケースが多い。加えて、脅威に対応するには多層防御アプローチが必要となるが、ハードウエア、アプリケーション、通信、ストレージなど、複雑化する企業システムの全レイヤーについて、最新のセキュリティ対策を検討し実行し続けるのは困難だ。

 本資料では、クラウド導入の最前線で活躍するエンジニアが、Webアプリに焦点を当て、クラウドサービスを積極的に活用してWebの脅威からアプリケーションを守る方法を紹介する。多層防御アプローチ、脆弱性を集約し自動的にアクションにつなげる方法、継続的に安全なWebアプリを開発するためのプロセスなどに言及している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。