資料の紹介

 基幹系システムのクラウド移行を、多くの企業が進めている。しかし、長年のカスタム対応などで複雑化している既存の基幹システムを一気にクラウドへ移行することは難しい。経済産業省も2018年の「DXレポート」で、既存システムの複雑化・ブラックボックス化がDX化を阻んでいると言及。この問題を解決できなければ、2025年以降に最大12兆円/年の経済損失が生じるという「2025年の崖」を指摘している。

 そこで注目されているのが、オンプレミスとクラウドを適材適所で活用するハイブリッドIT環境だ。ハイブリッドITを採用することで、既存システムのクラウドへの移行を段階的に行うことが可能になる。だが、どの業務をオンプレミスに置き、どれをクラウドに移行すべきか。その判断を適切に行うことは難しい。

 本資料では、ハイブリッドIT環境への移行とその後の運用を支えるソリューションについて紹介する。業務や用途に合わせた、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドの最適な選定を支援。また、それらの環境の違いを意識させることなく、それぞれのメリットを生かしたデータ活用が可能な環境構築と運用をサポートする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。