資料の紹介

 PCやスマートフォンなどのIT機器を1人1台、あるいはそれ以上、従業員に貸与している企業にとって、その管理コストは大きな負担になる。機器の種類や台数が増えれば、使用方法の問い合わせやトラブル対応も増え、サービスデスクの業務負荷も大きくなる。

 ITサービスは企業の重要インフラだ。故にインシデント管理は欠かせない。ただ、そこにかけるコストや担当者の業務について、重要度の認識に差があることは珍しくない。インシデントへの対応業務には、トラブル解決だけではなく、ITサービスを効果的に運用できるようにする業務改善の役割もある。こうした業務を支えるのが、インシデントも管理できるITサービスマネジメント(ITSM)ツールだ。

 本資料は、ITSMツールの導入や、サービスデスクの業務改善について、必要な工程や社内の提案を通すコツといった、担当者の気になるポイントを取り上げ、解説する。自社開発品とパッケージ品との差、費用対効果の試算方法、企業規模ごとのコスト削減試算など、ITSMツールの導入を検討している企業にとって有用な資料になっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。