資料の紹介

 クラウドは、IT部門の負担を軽減し、より戦略的なシステム開発に注力することを可能にした。複雑で重要なITインフラの実装と管理をプロバイダーに任せられるからである。しかし、ユーザー企業がクラウドプロバイダーにバックアップしてほしいものと、バックアップについてプロバイダーが契約上責任を持つものの間にミスマッチがあることには要注意だ。

 最も普及しているSaaSの一つである米MicrosoftのMicrosoft 365(旧称Office 365)を使う際の誤解として、「データのバックアップは全てやってくれるから不要だ」という考えがある。実際には、MicrosoftはMicrosoft 365においてサービスの稼働を続けるインフラ全体の維持に責任を負うが、Microsoft 365に保存したデータのメンテナンスと保護はユーザー企業の責任となる。

 本資料では、Microsoft 365の導入やデータ保護を検討している企業向けに、バックアップが必要な理由から、データ保護について検討すべきポイント、ソリューション導入に際する確認ポイントまで説明する。データ消失の被害は深刻であり、バックアップが遅れるほど、その間、大惨事に対して無防備であり続けることを肝に銘じておくべきだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。