資料の紹介

 レガシーシステムの老朽化、事業部門ごとのサイロ化がIT競争力を損なう「2025年の崖」。この大問題とセットで語られるのが、統合基幹業務システムである「SAP ERP」のサポート終了だ。当初、サポートは2025年までとされていたが、影響の大きさから2027年まで延長。さらにオプションの保守延長サービスも追加された。

 しかし、これはあくまで延命措置にすぎない。DXが叫ばれる昨今、経営の根幹を支えるSAP ERPのサポート終了は、Windows 7のそれとは比べものにならないほどクリティカルだ。SAPジャパンの推奨は、超高速でインメモリデータ処理が可能な後継製品「SAP S/4 HANA」への移行だが、すんなりと進んでいるとは言い難い状況だ。

 ここで1つの選択肢となるのが、ERPの移行を機にオンプレミスからクラウドに乗り換えるリフトアンドシフトである。本資料では、すでにSAP環境をクラウドに移して成果を出した企業が何を評価したのかを、コスト、パフォーマンス、自動化、インフラの柔軟性、セキュリティなど10の観点から紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。