資料の紹介

 独SAPのERP(統合基幹業務パッケージ)のSAP ERPの標準サポート「メインストリームメンテナンス」が2027年に終了する。この「2027年問題」を前に、SAP ERPのユーザー企業は、最新版の「SAP S/4HANA」へのアップグレードをどう進めるべきか、対応を迫られている。

 SAPアプリケーションはその性質上、企業のコアビジネスプロセスと深く関わるミッションクリティカルな存在になっている。そのため、SAP S/4HANAへの移行は、導入工程でのダウンタイムを最小に抑え、できるだけ効率的に、業務を中断することなく実行しなければならない。

 本資料では、SAP ERPのユーザー企業がSAP S/4HANAへのアップグレードを機に、クラウドサービスに移行するメリットとその方法、実際に移行した事例をコンパクトにまとめている。クラウドサービスを選ぶ際には、SAPユーザーの導入実績、SAPシステムを拡張するサービスの品ぞろえ、厳しいワークロード要求に対処できるかどうかがポイントとなる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。