資料の紹介

 世界中の自動車メーカーが電気自動車(EV)の開発を加速しているが、EVに必要不可欠な充電プロトコルは現在、地域ごとに異なっている。北米や欧州ではCCS(Combined Charging System)が主流だが、日本ではCHAdeMO、中国にはGB/Tという規格が存在する。

 自動車メーカーや車載機器メーカー、充電ステーションメーカーがグローバルにビジネスを展開する際には、これら複数の規格に対応する必要がある。製品開発時の各種試験や認証取得を効率的に行うために、そしてEVを世界中に普及させていくために、どのようなことが考えられているのか。

 本動画では、EVの充電規格認証プロセスにおける課題について、充電技術仕様の標準化の推進団体、自動車関連技術の認証機関、試験用機器を開発するメーカーの有識者が集まり、対談形式で意見交換をしている。急拡大するEV市場の需要に応えながら、進化し続ける規格にも適切に対応するために業界全体で取り組むべき対策について語り合う内容となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。