資料の紹介

 日本では、紙による契約が今も主流だ。紙とハンコの文化は根強い。しかし、ある調査によると、60%以上の人が紙の契約で不便を感じている。また、紙の契約でトラブルを感じたことがあると回答した人は全体の34%に及ぶ。紙とハンコは、テレワークをやりにくくする原因にもなっている。

 紙の契約で生じる課題の多くは、電子契約や電子署名サービスを利用することで解決できる。製本や押印がなくなり、時間と手間、保管場所といった、さまざまなコストが削減できるほか、働き方改革やBCP(事業継続計画)対策としても有効だ。契約には相手がいるため、導入をためらう企業もあるだろうが、行政手続きでの押印廃止やデジタル庁の創設など、デジタル化を後押しする政策も進んでいる。

 本資料は、日本国内における電子契約と電子署名サービス市場の現状とニーズの実態を探るため、ビジネスパーソン1000人を対象に実施したアンケートの結果である。勤務先企業での導入・利用状況や、回答者自身が感じた利便性などを分析した。電子契約・署名サービスを利用した経験を持つ人の94%が「便利である」と回答しているのだから、まず利用してみることが大切かもしれない。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。