資料の紹介

 製品や製品開発が時代とともに複雑化する一方で、技術者には、市場ニーズに素早く応えるためにより短期間で開発することが求められるようになってきた。そのため、新製品の設計や実証のために技術者が使える時間は大幅に減っている。ところが、技術者の労働時間の平均15%が価値を生まないデータ管理のために費やされており、およそ3社に1社ではその時間が25%を超えているという。

 こうした無駄な時間を有効に活用できれば、技術者の生産性は上がり、設計品質の向上や開発期間の短縮が期待できる。そこで役立つのが、製品データ管理(PDM)や製品ライフサイクル管理(PLM)などのデータ管理ソリューションだ。

 本資料では、製品データや製品ライフサイクルを効率的に管理できるソリューションについて解説する。PDM/PLMを導入すれば、設計データはバージョンごとに適切に管理され、適切な人間だけがアクセスできるようにアクセス権で制御される。これによって、必要なデータはすぐに見つかるようになり、誤った上書きによるデータ消去も防止できるようになるなど、データ管理のための時間の削減につながるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。