資料の紹介

 ITやデジタルトランスフォーメーション(DX)を外注から内製に変える動きが加速している。ITやDXを重要な施策として捉えている企業ほどその傾向は強い。ノウハウを蓄積して貴重なIT人材を育てることができるうえに、コスト面でもメリットがあるからだ。中長期的には、内製化の環境づくりは、プログラミング教育を受けた子供たちが入社してくる日のための準備とも言える。

 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)も、内製化を前提に導入する企業が増えている。自動化は、業務をよく知る現場主導型で進める方がスムーズに進む。しかし、業務担当者にとっては、自動化のワークフロー開発への意識面でのハードルが高いのが現状だ。そこで、まずは導入実績の多いプロの力を借りながら、スキルとノウハウを蓄積するのだ。実装してみることで、「これも自動化できるのでは」というイメージを持てるようになり、前向きなサイクルができあがる。

 本資料は、内製化に向くRPAプラットフォームと、現場主導で展開する際の手法や注意点を解説する。RPAだけでなく、ITやDXの内製化を考えている企業にも役立つ資料だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。