資料の紹介

 テレワークを実施している、あるいはこれから始めようとしている企業にとって、従業員が利用する端末のセキュリティ対策や情報漏洩対策は悩みの種だ。例えば、オンラインストレージの利用。メールでのファイル共有に比べて、ファイルの更新、ファイルをダウンロードした人の管理、有効期限の設定など、できることは多い。なにより便利だ。こうしたサービスについて、リスクを評価した上でライセンス契約している企業もあれば、リスク回避のために使用を禁止している企業もある。

 端末が社外に持ち出されることが増えている今、セキュリティ対策は、誰も信用しない「ゼロトラスト」の考え方にシフトしつつある。オンラインストレージの例でいえば、会社で禁止されているからといって、従業員が個人アカウントのストレージサービスを利用してしまっては本末転倒だ。かといって、完全防御の対策をしてしまうと、利便性が大きく損なわれるし、作業効率も悪くなる。

 本資料は、オンラインストレージをめぐるエピソードをマンガにしたものだ。情報流出事故に見舞われ、原因を疑われた会社・部署・社員が直面した難局と、その解決法とは。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。