資料の紹介

 コロナ禍でリモートワークが急拡大したことにより、企業の業務プロセスも従業員の働き方も急速に変わりつつある。こうした変化に対し、従来の社内/社外の境界を防御するセキュリティ対策は限界を迎えている。また、標的型攻撃やランサムウエア攻撃による被害の増加も、境界型セキュリティではもはや防ぎきれないことを如実に物語る。

 そこで注目されているのがSASE(Secure Access Service Edge、サッシ―)だ。これはクラウドサービスの利用を前提に、「すべてを信頼せず、常に確認する」ゼロトラストセキュリティを実現するプラットフォームである。現在、セキュリティベンダー各社からSASEソリューションが提供されつつあるが、その実現方法や実装される機能はベンダーによって異なる。

 本資料では、SASEを形作るサービスを大きく3つに分けて解説する。SASEとゼロトラストの関係といった基礎から、SASEが具体的にどのような機能を持った製品で実現するのかまでを丁寧に説明している。ベンダー各社による様々なSASEの解説で混乱している担当者も、「サッシーってアイドルのこと?」という担当者も、本資料を読めばきっと新しい知見を得られるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。