資料の紹介

 近年の医療機器メーカーは、単なる機能やサービスの提供にとどまらず、「患者転帰の向上」を目指した革新的かつ高品質な製品/サービスの開発に一層注力している。その結果、製品/サービスはさらに複雑化するとともに、陳腐化するスピードも増している。

 こうした環境で医療機器メーカーが、競争力のある製品を投入し続けるためには、設計から製造、サービス、サポートまでの業務を連携させて、品質の確保や、新たな基準といった課題に効率的に対応する必要がある。だが現実には、収集された大量のデータのほとんどが構造化されておらず、意思決定に生かされていない。

 本資料では、医療機器メーカーがなぜ、紙ベースのプロセスをデジタルへと移行させると同時に、ビジネスのやり方も変えていく必要があるのかを、ビジネス、技術、規制という3つの重要な側面から論じている。次世代の医療技術や医療機器開発を促進するためには、革新的なアプローチを前向きに検討すべきだとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。