資料の紹介

 2004年をピークに人口が減少に転じ、少子高齢化も進む日本では、生産年齢人口(15~64歳)も確実に減少していく。ある調査によると、2020年時点で既に約384万人分の人材不足が生じており、2030年にはその数は約644万人にまで増加する。一方、日本企業の生産性成長率は1990年代以降、長く低迷を続けているとの指摘もある。

 企業にとっては、こうした現状を見越したうえでの雇用対策が喫緊の課題となっている。外国人労働者を含む多様な人材の活用も必要となってくるだろう。その場合、誰が業務を行っても同じ品質になるように作業方法を統一化する「業務標準化」の整備がますます重要となってくる。

 本資料では、業務標準化の必要性について解説すると同時に、それを動画マニュアルとしてより理解しやすい形にまとめることの効用について説いている。外国人労働者に向けた自動翻訳機能などを持つ動画マニュアル作成サービスについても紹介。こちらはスマートフォンで簡単に映像編集や字幕作成が行えるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。