資料の紹介

 先進運転支援システム(ADAS)、自動運転、車載インフォテインメント……。近年、自動車に実装される車載プラットフォームの機能が急速に増えている。これと同時に、車載システムの開発コストが急速に増大しており、自動車メーカーの悩みの種になっている。

 そこで注目されているのがソフトウエア定義型実装への移行である。これを進めたうえで、異なる車種や世代でコードを再利用できれば、ソフトウエアへの初期投資を償却しやすくなる。しかし、車載分野で使用される組み込みシステムのコード開発には大きな課題がある。ソフトウエアが、選択したプロセッサーに付属するBSP(Board Support Package)に含まれるAPIで記述されており、異なるプロセッサーへのアプリケーションコードのポータビリティーが保証されないことだ。

 本資料では、車載システムの組み込みソフトウエアにおけるポータビリティーやコンポーザビリティーの課題の解決策となり得る、ソフトウエアアーキテクチャーとオープンソースのリファレンス実装について解説する。車載システムの性能向上に伴い複雑化するソフトウエア開発の短縮に貢献するという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。