資料の紹介

 製造業の生産性を向上させるツールとして、デジタルトランスフォーメーション(DX)への期待が高まっている。DX導入の目的は、単なるコスト削減や生産性向上にとどまらない。企業の成長戦略を実現するのがDXである。

 一方、日本の製造業の現場には、DX導入を妨げる様々な阻害要因が存在する。例えば、デジタル化への動き出しに時間がかかる、基盤がない、経営と現場の意識に乖離(かいり)があるといったことである。現場主導で、優秀な熟練工の長年の継続的な努力によって改善し続けてきた現場ほど、悩みは多いかもしれない。

 本資料では、日本の製造業がDX導入を成功させるためのヒントについて解説する。労働人口の減少や熟練工のリタイアが進む中で、デジタル技術を使って組織的に技術の継承を進めることは急務である。そこで重要になるのがブループリンティング(青写真作り)だという。ブループリントを描くとはどういうことか、そのポイントは何かを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。