資料の紹介

 インターネット事業を生業とし、創業時からクラウドを導入している「デジタルネイティブ」と呼ばれる企業が増えている。しかし、こうした企業でも、アプリケーションが拡張されるにつれて、変更、テスト、デプロイ、運用は困難になっていく。サービスのビルド、テスト、デプロイ、運用を担うチームも、大規模で複雑な組織になっていく。

 この状況を打開するため、チームを職能ごとに分割する企業も多い。だが、その場合、チーム間での作業の引き渡しが必要になり、リードタイムやバッチサイズが増大して、同じ作業の繰り返しが多く発生する。その結果、機動性やスピードが犠牲になり、新機能の追加や、信頼性/可用性の維持に苦労することになる。

 本資料では、肥大化したアプリケーションをいかにしてクラウドネイティブに再構築すればよいのか、再構築によってどのようなメリットを得られるのかを説明している。適正に再構築することで、新機能を素早く提供できるようになるだけでなく、ソフトウエアの品質を改善し、システムの安定性を高めることにもつながる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。